ジューンブライド

こんにちは(^^)/

ここ数日は梅雨入りしたとは思えないほど暑い日が続きましたね。

ただ、あちらこちらにいろんな色のアジサイが咲いていてとっても綺麗で、やっぱり雨が似合うのにな、、と思う私です。

6月と言えば、ジューンブライド(june bride)。日本では梅雨時期に当たってしまいますが、ヨーロッパなどでは6月に結婚すると幸せなるというのは未だに言われています。

みなさま、その由来がたくさんあるのを知っていますか?

・ヨーロッパでは6月12日が「恋人の日」であること。

・ギリシャ神話に出てくるヘラ(最高位の女神で結婚後の守護神)がローマ神話では”ユーノー”と言われ、そして6月1日に祭られた事で6月が”ユーノーjuno”⇒”ジューンjune”になり、女神にあやかり6月に結婚すると「ユーノーに見守られ素敵な結婚生活が出来、幸せになる」と言われるようになった。

・ヨーロッパでは3-5月は農作業が1年で一番忙しい時期だったからそこを避け、一息ついた6月に盛大にみんなにお祝いされる為、幸せになれる。

・ヨーロッパでは雨が少なく一番天気が良い月は6月だから。

 

日本には全然関係ないじゃん!と言われる事ばかりですが、それでもいい説を信じるのは悪い事ではありません。

日本でも「大安」とかがやっぱり祝い事をやる日ですし、やっぱり仏滅は・・・などいろんな事で縁を担ぎますよね。

再婚する方は少人数の結婚式や食事会などをする方が多いです。またおススメは海外挙式ですね。

二度目だから別に・・・と遠慮がちな方もいますが、海外ならお子様がいる場合は旅行にもなるし、テンションも上がるので案外人気です。

さあ、結婚式はいつ、どこでしたいですか?